スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル66】蘇るメンヘラウサギ!~もぉマリルリ。。太鼓しよ。。~【タワールール】

準伝ありのシングル66の大会で使用した構築です。
構築名はほぼほぼ春日さんのブログからパクりました。以下使用構築になります↓

~クレセリア ヒードラン エアームド サザンドラ フシギバナ マリルリ~ 

クレセリア 図太いHB@ゴツメ
<電磁波 冷凍ビーム 三日月の舞 月の光>
主にメガボーマンダに投げたり、三日月の舞による後続のサポートをします。理想的な動きがオボンマリルリも含めた6体でサイクルを回す→サザンドラを呼ぶタイミングで電磁波からの三日月の舞でマリルリの蓄積を回復しつつ腹太鼓~という流れが美しいです。実際にこれほど上手く決まった試合はなかったのですが、クレセリアの存在で太鼓マリルリも途中のサイクルに組み込みやすくなる点がとてもよかったです。
技構成ですが、採用理由の一つでもある三日月の舞の他に役割上、メガマンダの処理ルートも確保しておきたかったので冷凍ビームを採用。次に呼ぶ相手に負担を掛けにくるポケモンが多く、66で状態異常技のないクレセリアはとても弱いと思っているので、それらのポケモンの性能を落とせる電磁波は採用しておきたいと思いました。
月の光は自身の回復による役割安定の為です。

ヒードラン 臆病CS@スカーフ
<マグスト(だいもんじ) 大地の力 めざ氷 ステルスロック>
4th66振りにスカーフヒードランを採用しました。
構築的にはサザンドラにスカーフを持たせる方が自然で、その方が補完上も「綺麗な構築」になりやすいのですが、66に於いてサザンドラに持たせるスカーフ程弱いものはないと個人的に思っているのでこのポケモンに持たせることにしました。
ヒードランのスカーフは読まれにくく、メガマンダやメガルカ、構築全体で重いメガゲンガーを逃がさず狩りやすくなるのでその点がスカーフサザンドラにはない強みでした。
マグストですが、大会当初この技の威力を120と勘違いしており、また交換読み交換を防ぐ点が優秀だと感じ採用していたのですが、威力・命中率ともに大文字より低いうえにストッパーとして採用した側面もあるので、外した際のリスクも考慮してより命中率の高い大文字を採用すべきでした。
ステルスロックは他に撒けるポケモンがいなかったので枠圧縮も兼ねて採用しました。

エアームド 慎重HD@残飯
<まきびし ブレイブバード 羽休め 吹き飛ばし>
基本的には受け回し気味の構築であり、相手の一撃技持ちに対して安定した受け先と、まきびし撒き要員としての採用です。役割破壊技やHB水への繰り出しも考えて配分はHDベース。
またこの構築ではサザンドラやゲッコウガの技を耐えてブレバによる蓄積も狙いやすくなるのがHBベースのエアームドにはない利点です。特にサザンドラを定数ダメと合わせて太鼓アクジェ圏内まで持っていけるのがよいですね。
ステロは切る技もなかったのとステロとまきびし役で役割分配したほうが結局早く撒けることが多いので採用しませんでした。

サザンドラ 控えめHC@珠
<あくのはどう りゅうせいぐん 火炎放射 はねやすめ>
サザンドラ枠。今回は珠サザンドラを採用しました。シングル66の構築を組むにあたってギルガルドと同等、またはそれ以上に便利だと感じているポケモンです。今回の構築ではギルガルドに投げる場面が多くなると感じ、一般的なCギルガルドにほぼ安定して投げられるように珠HCベースの羽休め型で採用しました。
上記でも触れましたが、この構築に限らず、負担をかけてなんぼのポケモンだと思っているのでスカーフでは極力採用したくないと感じています。
技構成については他に特に触れることもないと思うので割愛します。

フシギバナ 図太いHB@フシギバナイト
<ヘドロ爆弾 度忘れ 光合成 吠える>
今回の構築限定の特別仕様です。
メガフシギバナの処理をメガゲンガーやサザンドラに頼っている人が多いと感じていたので、それらに優位に立てる度忘れを採用しました。
準伝解禁ということでファイアローも夜空杯ルールよりは少ないだろうと思い、思い切って居座りに重点を置いた型にしました。
吠えるは相手のメガゲンを飛ばしたり、相手の吠える吹き飛ばし持ちのカバやレイクンムドに対して先制で吠えるを入れるのに役立ちます。攻撃技ですが、毒の追加効果に加えてサザンやマリルリやキッスへの打点になるヘドロ爆弾をチョイスしました。
相手によってはメガフシギバナの光合成のppが切れるまで吠えループできそうな構築や終盤詰みの駒にできそうな構築もあったのでやはり刺さる構築には刺さるなぁといった感想を持ちました。

マリルリ 陽気AS@オボン
<腹太鼓 アクジェ おんがえし じゃれつく>
以前参加した準伝ありの大会<ボク杯>で太鼓マリルリにやや薄めの構築が多かったこと、ファイアローの採用率が少なかったことからどうするよ杯ではこのポケモンでの全抜きの機会が比較的多いだろうと思って採用しました。
基本的には昆布戦法を取りつつ、十分な蓄積を入れてからサザンドラなどを起点に腹を叩きます。上でも触れましたが、一般的な腹太鼓マリルリ入りの構築と違ってクレセの三日月の舞のお陰で途中のサイクルに組み込みやすく、序中盤に5体だけでサイクルを回している感覚がなかったので自分に合っていたと思います。
クレセやマリルリギルガルドの上を取りたかったのでSに補正を掛けました。

以上です。
1敗こそしてしまったものの大会では優勝できてよかったです。
もう一つ使っていた構築があるので近いうちに上げたいと思います。
プロフィール

koukiartemis

Author:koukiartemis
コウキです 主にシングル66の記事を投稿します。
Twitter @REM2601

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。