スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル66】第18回夜空杯使用構築

第18回夜空杯にて使用した構築を紹介したいと思います。予選こそ抜けたものの、結果は決勝トナメ1回戦落ちベスト16と微妙な結果に終わりました。

以下、使用構築

フシギバナ@フシギバナイト 図太い187(252)-x-128(108)-120-121(4)-118(144)
<ヘドロ爆弾 ギガドレイン めざ炎 光合成>
サイクル戦に於ける神ポケです(n回目) 今回はドククラゲのどくびしと併せて相手を蓄積&再生回復で倒すので、Sを準速65族抜きまで引き上げた後、少しでも倒されにくい防御寄りの配分で採用しました。
技構成ですが、フェアリーへの打点となるヘドロ爆弾、構築全体でマンムーへの打点が不足していたのでギガドレイン、同じく打点が不足している羽休めのあるハサを処理できるめざ炎、蓄積による疲弊死を防ぐうえで必須となる光合成を選択しました。

バンギラス@オボンの実 慎重207(252)-155(4)-130-x-167(252)-81
<追い打ち 冷凍パンチ ステルスロック 吠える>
メガゲンガーに対して少しでも安心して投げられるように慎重HDに設定しました。持ち物は様々な役割を担っているため、少しでも蓄積をケアできるオボンの実を持たせました。
ステロ撒き要員なのでステルスロックに続いてバンギラスの採用理由の一つでもある追い打ちは確定、冷凍パンチは後投げが安定するガブランドへの打点として採用しました。ラスト枠の吠えるですが、バトンパ対策にドラゴンテールと迷いましたが、身代わりを絡めてくるバトンパに対しては対策になっていないこと、多様な型のヒードランに対して隙をみせたくないことから吠えるにしました。

エアームド@きれいな抜け殻 腕白172(252)-100-176-x-117(212)-96(44)
<ブレイブバード まきびし 羽休め 吹き飛ばし>
物理型のメガボーマンダの受けを担当している以上、ゴチルゼルやメガゲンガーにキャッチされることは避けたかったので持ち物はきれいな抜け殻を持たせました。配分は立ち回りの幅を広げるため、D方面へも努力値を振りました。
攻撃技のブレイブバードですが、終盤の詰まった場面で打つことが多く、その場面では自身への被ダメよりも「相手を倒せるか否か」のラインの方が重要な場面が多く、ドリル嘴と比較してより威力の高いブレイブバードをチョイスしました。

ドククラゲ@くろいヘドロ 穏やか187(252)-x-105(156)-103(20)-163(68)-122(12)
<ねっとう どくびし 高速スピン ミラーコート>
どくびしの蓄積により加速バシャーモやゲッコウガの間接的な対策にもなることに目を付けて採用しました。
配分ですが、Dに補正を掛けて眼鏡ゴチルゼルのサイコキネシスを確定耐えできるようにしたこと他、メガゲンの身代わりを確定破壊するまでCを確保し、Bラインは陽気バシャのとびひざ×2を確定耐えできるまで引き上げました。
技構成は、ゲッコウガやバシャーモを蓄積による疲弊死を狙うためのどくびし、交換先にも火傷により負担を与えられる可能性のあるねっとう、後続の霊獣ボルトロスを通しやすくする高速スピンまで確定で、残りの枠をミラーコートかくろいきりで悩んでいました。ミラーコートを採用した場合は、メガゲンやギルガルド、ゴチルゼルに対して返しで処理できるのが旨く、くろいきりを採用した場合はバトンパの対策とすることができます。今回はゴチルゼルを呼び込みつつ、相手を攻撃を耐えてミラコで処理することでメガフシギバナを動きやすくすることを狙った場面の方が多いと考えてミラーコートの採用に至りました。実際にミラーコートが活きた対戦は多かったのですが、決勝まで上がったわいたろうさんのバトンパに当たっていた場合、為すすべなく敗れてしまうため、バトンパの対策は必至だと痛感しました。どうも私はバトンパを軽んじている節があるようです。

サザンドラ@命の珠 おっとり167-126(4)-99-194(252)-110-150(252)
<悪の波動 流星群 馬鹿力 羽休め>
今回は珠二刀型で採用しました。というのも拘りスカーフ以外の型での炎技の採用に少し疑問を感じていたので、サザンへの対応をバンギに一任している構築を崩せる馬鹿力を試験的に採用してみました。実際にうまくいった場面もあったのですが、フェアリーのいる構築はそっちを出してくることが想定されるため、素直にラスターカノン採用でもよかった気がします。
珠砂ステロであっという間に削れるので羽休めを採用。

霊獣ボルトロス@拘りスカーフ おくびょう165(84)-112-90-196(244)-100-158(180)
<10万ボルト 蜻蛉帰り めざめるパワー氷 きあいだま>
ねばねばネットの効かない浮いてるスカーフ枠ということで採用しました。性格は陽気スカーフランドロスを抜けるように素早さに補正を掛けました。
技構成ですが、10万ボルトは言わずもがな、蜻蛉帰りは無効技のないチェンジ技ということでドリュウズ等に隙を見せずにサイクルを回すことができます。メガボーマンダに対して上からの打点として採用している側面もあるのでめざめるパワー氷も確定、最後に滅多に撃ちたくない技ですが、ドリュウズやガルーラを処理するための技として気合い玉を採用しました。

以上です、夜空杯に参加された方はお疲れ様でした。
主催のくろばさん、スタッフのめーぜんさんしんめーさんいつもこのような素晴らしいオフを開催してくれてありがとうございますm
スポンサーサイト

【シングル66】第一回ステロオフ使用構築

今回は5/7日に行われたシングル66のオフ会「ステロオフ」で使用した構築を紹介したいと思います。
予選を5-1で抜け、決勝トナメで負けたのでベスト4でした。
特に構築に自信があるわけでもないので、かなりあっさりめに書きます。

以下、使用構築

サザンドラ@命の珠 控えめ175(60)-x-110-194(252)-110-143(196)
<悪の波動 流星群 大文字 羽休め>
いろんな方面に繰り出したり、負担をかけれる便利枠 最初は眼鏡で採用する予定でしたが、役割対象の鬼火などの補助技に出ていくことが多く、スリップダメージの蓄積から守るなどで粘られる展開が嫌だったので、珠羽休め型で採用しました。
特にいうことがなく強いです。

バンギラス@お盆 おとなしい207(252)-155(4)-107-115-167(252)-81
<ストーンエッジ 大文字 追い打ち ステロ>
B方面は構築とこの型の役割上、必要にならないと判断したので、おとなしい性格での採用です。サザンや対ゲンを意識しての配分 物理一本だとクレッフィやナットなどの鋼で簡単にみられるのが嫌だったのでそいつらを呼び込みながら打点を持てる文字を仕込んでみました。

エアームド@抜け殻 腕白172(252) -100-176(212)- x-117-96(44)
<まきびし ブレバ 羽休め 吹き飛ばし>
舞型のマンダのストッパー
特殊型のマンダであってもバンギと合わせて2体掛かりでみれるようにしています。
相手のバシャーモはマリルリを大事にしつつ、なるべくステロまきびし+命の珠の自傷ダメで蓄積を入れて勝つか、ムドに出てくるタイミングでブレバを入れて処理するようにしていました。

マリルリ@鉢巻 意地っ張り175-112(252)-100-x-101(4)-102(252)
<アクアテール すてみタックル じゃれつく アクアジェット>
負担枠②
相手の水やムドを割ったりする枠 後投げされるゴツメムドに対して再生回復で粘られたくなかったのでSはかなり早めに設定しています。鉢巻を持ちながら後投げしてくるムドを処理できないのは困りますよね。

フシギバナ@フシギバナイト 控えめ187(252)-x-104(4)-162(224)-121(4)-103(24)
<ヘドロ爆弾 ねむりごな 光合成 めざぱ炎>
サイクルパで輝くポケモン バナのいない普通のサイクルパで弱くなりがちな雨パなどの尖った構築に対してもバンギと合わせることで比較的つよくなれます。

霊獣ランドロス@拘りスカーフ 陽気167(20)-197(252)-110-112-100-155(236)
<蜻蛉帰り 地震 げきりん 馬鹿力>
スカーフ枠でありながら、いろいろサイクルにも組み込めるし、控えめスカサザンやメガマンダの上を取って殴れるしでかなり優秀なポケモンです。

以上、かなりざっくりとした解説(?)でしたが、これで終わります。

【第6回どうするよ杯】参加募集記事【シングル66】

オンラインで夜空杯準拠のシングル66の大会【どうするよ杯】を開きます!
今回も多くの参加者お待ちしております!

★対戦方式:参加人数に応じて2~4ブロックに分かれて総当たり。その後、各ブロックの上位1~2名で決勝トーナメントを行なう。参加人数が10名以下の場合は、参加者全員での総当たりになります。

★募集期間:3月11日(金)~3月21日(月)
★予選期間:3月22日(火)~4月5日(火)
★本戦期間:4月6(水)~4月13日(水)

★参加方法:
この記事に以下のテンプレートを使ってコメントして下さい。

【トレーナー名】
【ともだちコード】
【連絡手段】(Twitterなど他参加者とやり取りできる連絡先をお願いします)
【意気込み】

★レギュレーション
・見せ合いシングル
【PSSで二人で対戦・シングルバトル・ノーマルルール・ハンデなしを選択するものとする。】
・第6世代シングル6vs6(ORASでの対戦)
・カロスマークなしの個体も使用可※零度スイクンや噴火ドラン等の個体も使用可とする。
・幻、伝説禁止
・準伝説、600族は制限なし
・ポケモンや道具の重複禁止
・こころのしずく禁止
・最後の1匹同士で自爆、大爆発、滅びの歌、道連れを使った場合は使った方の負け
・技、命の珠の反動ダメージで引き分けた場合、技を使った方の勝ち
・エラーが出た場合は再戦か再現で、各自話し合って決めて下さい。ただしあまりにもエラーが多発している方は全試合失格とさせていただきます

★「ねむり」状態について→今回は複数催眠可能とする。

★使用禁止ポケモン:
ミュウツー、ミュウ、ルギア、ホウオウ、セレビィ、カイオーガ、グラードン、レックウザ、ジラーチ、デオキシス、ディアルガ、パルキア、ギラティナ、マナフィ、フィオネ、ダークライ、シェイミ、アルセウス、ビクティニ、レシラム、ゼクロム、キュレム、ケルディオ、メロエッタ、ゲノセクト、ゼルネアス、イベルタル、ジガルデ、ディアンシー フーパ


★注意事項
・同時に手持ちが0匹になった場合は、実機の勝敗判定を採用します。

・正規の方法でありえないような事を確認した場合失格とします。

その他注意事項:
予選での順位付けは優先度順に
①勝ち数
②直接対戦の結果
③対戦消化数
④勝ち対戦の合計残り数
⑤勝った相手の合計勝ち数
で判断します。

★勝敗報告テンプレ
(例)コウキVSジョセフ コウキ6-0で勝ちです
後に上げる「予選・対戦結果報告記事」に対戦の勝者がコメントしてください。

※一定の勝ち星をあげたり予選抜けが不可能になっても全対戦を行うようにしてください。
※連絡をとろうとしているが相手からの反応がない場合などは未消化処理にはしないよう、状況に応じて対応するので予選期間中に必ず連絡するようにしてください
※どうしても期間内に都合が合わなかったが、数日以内に消化可能な場合も状況に応じて対応しますので予選期間中に連絡してください
※その他トラブルありましたらできるだけ早めの連絡をお願いします
パーティ変更は自由ですが、決勝トーナメント進出者は可能なら結果記事と共に載せたいと思いますので最終戦で使用した6匹のポケモンを終了後に確認したいと思います。また、こちらも可能なら決勝トーナメントについてはバトルビデオを記録し大会終了後に公開してもらいたいです。※大会期間中の大会対戦のバトルビデオの公開は禁止します。

なにか質問などあれば@REM2601までお願いしますm

【シングル66】【構築紹介】一体どっちがメガるのっ?正味ボーマンダでしょ~からのメガゲンガースタン(鉢巻マンダ+メガゲンガー)

今回はシングル66の構築紹介を行いたいと思います。夜空杯で使おうと思って没案になったものです(
レギュは複数催眠有可、準伝説解禁の夜空杯ルールです。

ゲンガー臆病CS@ゲンガナイト
シャドボ ヘドウェ 気合い玉 こごえる風(めざめるパワー氷)

今回のメガ枠。舞ってないマンダをこごかぜから安定して処理できる点とサイクル破壊の強みを買って採用。
蓄積から突撃チョッキマリルリを処理できる可能性を高めるため、Cに極振り。
鬼火型も考えたが、外した瞬間負けが確立するのでボツに。

ボーマンダ意地AS@拘り鉢巻
げきりん ドラゴンクロー 炎の牙 寝言
相手のポケモンと1:1を狙う。げきりんのターンの引きによっては1:2も可能でメガゲンと同じくサイクル破壊できる点がとても強力なポケモン。
先ず相手はメガボーマンダを警戒してくるので、クレセリアやサンダー等の電気や型を判別するためにクッションで出すバンギラスなどに対してアドを取れる。ムドは知らない。
寝言は相手の眠り粉やあくびループに対する回答の一つとして。

サザンドラ臆病CS@スカーフ
流星群 文字 あくのはどう 蜻蛉帰り
相手のメガゲンの上を取れるポケモンが欲しかったのでスカーフを持たせた。
陽気スカーフランドロス等も環境にいると踏んでその上を取れる臆病で採用したが、メインウェポンの火力が下がるのがなんとも言えない。
蜻蛉でフェアリーを誘いつつ、メガゲンで処理するのが主な流れ。

ニンフィア控えめHB@防塵ゴーグル
ハイパーボイス 願い事 守る あくび
主に相手のサザンドラを見ての採用。
ここまで相手のポイヒキノガッサに回答を持てるポケモンがいなかったので持ち物は防塵ゴーグルとした。
あくびは複数催眠可なのと相手が投げてくるめんどくさいポケモン筆頭であるヒードランやギルガルドに有効なので採用した。

バンギラス控えめHC@シュカ
ステロ あくのはどう 冷凍ビーム 文字
ステロ要員。シュカからの返しで相手のメガマンダやガブを処理したかったこと、ナットレイへの打点となる文字が欲しかったので物理ではなく特殊型とした。天候返し、ニンフィアでは受けれないラティをみれたりなど雑にいろんな仕事ができる。

水ロトム控えめHBc@お盆
ボルチェン 10万 ハイドロ めざ氷
相手のファイアローや太鼓マリルリ、マンムーを見れる点を買っての採用。
ガブやメガボーマンダなどに対する安定した打点が欲しかったので補助技ではなくめざ氷型を選択した。
マンムーに対してハイドロを外すのは犯罪。

以上です。

【シングル66】クレセドランサザンガルド【タワールール】

タイトルの通り、どうするよ杯で使用していた構築です。
こっちは特に面白い要素もないのであっさりめに書きます。
以下、使用構築

~クレセリア ヒードラン サザンドラ ギルガルド フシギバナ トゲキッス~

クレセリア 図太いHB@ゴツメ
<三日月の舞 冷凍ビーム 月の光 電磁波 >
前記事と同じ個体です。
メガフシギバナを採用している以上、メガマンダに対して安定した受け先が欲しかったので。

ヒードラン 臆病HS@残飯
<マグマストーム 守る ステルスロック 大地の力>
今回は残飯で採用しました。
大地の力の枠は他に毒か身代わりかで悩みましたが、メガゲンガーや蓄積の入ったギルガルドに命中安定の打点が欲しかったのと、羽剣舞アローに対して羽のタイミングで当てておきたかったので大地を採用しました。
守るはマグストの拘束ダメを稼ぐだけではなく、拘り持ちの技まで確認できるので有用でした。

サザンドラ 控えめHC@珠
<りゅうせいぐん あくのはどう 火炎放射 羽休め>
今回もギルドに投げることやゲッコウガに居座る場面も考えてのこの配分、技構成です。

ギルガルド 意地っ張りHAS@弱点保険
<剣の舞 シャドークロー かげうち 聖なるつるぎ>
構築全体で物理打点が少なく、ハピラキで詰みかねなかったので意地っ張りで採用しました。
色々と便利枠。

フシギバナ 控えめHC@フシギバナイト
<ヘドロ爆弾 目覚めるパワー地面 度忘れ 光合成>
HCベースですがBにも結構割いてます。主に水草電気に投げる枠。
構築全体でメガゲンガーが重かったので、呼び込みつつ返り討ちにできる度忘れめざ地面持ちでの採用です。
ヒードランにも打点入ってとてもおいしいしいです。

トゲキッス@スカーフ
<エアスラ マジカルシャイン 羽休め トリック>
今回のスカーフ枠です。
エアスラは確定としてゲッコウガへの打点となるマジカルシャインを次に採用。残りはハピラキに当てるトリックとステロによる蓄積が痛いので羽休めを採用しました。
サイクルを回すことが重要なのでスカーフ羽休めとかも普通に選択します。

以上です
プロフィール

koukiartemis

Author:koukiartemis
コウキです 主にシングル66の記事を投稿します。
Twitter @REM2601

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。